大阪府 寝屋川市 一祐会 藤本病院へようこそ 【内科・外科・産婦人科・整形外科・脳神経外科・麻酔科】 京阪本線 寝屋川市駅 徒歩5分

〒572-0838 大阪府寝屋川市八坂町2番3号

072-824-1212

文字サイズ拡大
メニュー

看護部

藤本病院は、寝屋川市の急性期医療を担う中核病院の1つです。特に、産婦人科は北河内地区における救急医療に寄与しています。私たち看護職員は、「患者様を愛し、信頼し合える病院を目指す」の病院理念のもと、常に「優しさ」と「思いやり」を持って、患者様と笑顔で接し、患者様に信頼される看護が提供出来るように努めております。
そして、社会の変化・医療の進歩に対応出来る専門職業人として、知識・技術の習得と自己研鑽に努めております。また、平成22年度から、新人看護職員研修制度を導入し、教育委員会やプリセプターを中心に多くの研修や手厚いサポートを行っています。日々、成長する姿を見ると嬉しく思います。当院では、看護職員が安心して長く勤められるよう併設の保育所も充実させ(24時間制)産休、育休が終わっても安心して働きながら子育てできる環境を整えています。最後に、看護職員のひとりひとりの絆を大切にすることで、大きな力に変わり、看護の力がさらなる発展をすること目指します。

看護部門活動

看護部の理念と目標のもとに、年度計画を立案しスタッフの資質向上に、努力しています。

理念

私達は、患者様の人権を尊重し、安全を守り常に優しさと思いやりをもって信頼し合える看護を提供します。

目標

  • 看護の質の向上
  • 医療事故対策の強化
  • 看護者教育の充実

行動目標

  • 看護の知識、技術、態度を生かし、保健医療チームの一員として対象への看護を的確安全に行えるようにする。
  • 個々の患者のニーズを的確に捉え、看護過程を展開する。
  • 他部門の機能を理解し、効果的なチームワークにより患者に治療的環境を提供する。
  • 看護職員の職業人としての能力を的確に捉え、その能力を効果的に発揮できる環境を整える。
  • 看護職員個々の人間としての成長と職業人としての能力開発のための機会を与える。

教育について

ワンランク上の教育システムを実施 専門職として、知識・技術を身に付けるために年間教育プログラムを作成。 年度初めには新人集合教育を行い、グレードアップ研修、事例検討会等を開催し、看護の実践能力の向上を図っています。また、院外研修にも積極的に参加し、教育システムを充実することで、新入職者をバックアップしています。

1.新人看護職員研修

看護研修プログラム

2.現任教育

  • ・クリニカルラダーを導入
  • ・2年目研修:メンバーとしての役割と看護過程プログラム
  • ・3年目研修:リーダーとしての役割とグループ活動
  • ・4年目研修:看護観の構築
  • ・5年目研修:症例検討
  • ・そ の 他 :助手研修、実習指導研修、実地指導研修、重症度医療・看護必要度研修
  • 3.院外研修

    看護協会主催研修(保健師看護師助産師実習指導者講習会、ファーストレベル、セカンドレベル、その他)、企業主催研修に積極的に参加。公費負担している。

    4.研究発表

    毎年、院内研究発表を実施

    5.進学推進

    助産師学校、看護師学校に対して奨学金制度あり

    認定看護師資格支援制度

    支援の条件

    • 病院長の許可があること
    • 資格取得後5年間は、当院での勤務を継続すること

    支援申請基準

    • 日本看護協会、看護研修学校、認定看護師教育課程入学要件を満たす者
    • 当院での勤務経験が3年以上の者
    • 看護実践能力が優れており、認定看護師教育課程を修了し得る精神的・体力的能力があると認めた者
    • 当院の看護レベルの向上に寄与できる者
    • 当院の機能に必要な領域の認定看護師をめざす者
    • 所属長(師長)の推薦があること

    申請の支援と決定

  • 所属長(師長)の推薦により、看護部長が病院長に申請する
  • 認定看護師資格取得にかかる費用等の支援

    • 入学金、授業料、実習費等を当院が全額負担する
    • 受験、受講にかかる交通費および宿泊料を当院が全額負担する
    • 1.2については、不合格の場合や5年以内に退職する場合は全額返済とする
    • 基本給+職務給+資格手当、賞与を保証する

    認定看護師資格手当

  • 認定看護師手当として別途支給し、昇進を考慮する
  • アドバンス助産師について

    img0530アドバンス助産師とは、助産実践能力が一定の水準に達しており、自立して助産ケアを提供できるレベル(CLoCMiPレベルⅢ)にあることを認証された助産師のことです。

    CLoCMiP(Clinical Ladder of Competencies for Midwifery Practice)レベルⅢ認定制度とは、日本看護協会が開発したCLoCMiP(助産師実践能力習熟段階)を活用して助産実践能力を評価することで、助産実践能力が一定水準に達していることを客観的に審査、認定する仕組みで、5年更新制です。

    アドバンス助産師の誕生は、地域の妊産褥婦と家族の皆様へ良質で安全で安心な助産ケアを提供するとともに、助産師自身の継続的な自己啓発を促し、専門能力を高める機会にもなります。
    当院では、引き続き多くのアドバンス助産師が誕生するように準備を進めています。

    委員会について

    • 教育委員会
    • 業務委員会
    • パス・記録委員会
    • リスクマネージメント委員会
    • 感染委員会
    • 褥創委員会
    • サービス向上委員会
    上記が各役割分担し、活発に運営作りをしています。

    実習受け入れ状況

    関西看護専門学校、青丹学園関西学研医療福祉学院、四条畷看護専門学校、白鳳女子短期大学助産学専攻、神戸常盤大学短期大学部(通信課程)、麻生看護大学校(通信課程)、福岡看護専門学校(通信課程)、大阪保健福祉専門学校(通信課程) 未来の看護師・助産師を育成することにより、看護のレベルアップにもつながっています。 助産師学校、看護師学校に対して奨学金制度あり

    課外活動

    職員会活動

    藤本病院では、職員の相互交流を深めるために、職員会を設けて、職員旅行や忘年会などを行っております。 職員募集要項をみる